ITBLOG

« 伝える、伝わるポケットティッシュ | メイン | 「あっぱれ繁盛屋」大盛況でした。 »

日本語ドメイン「直伝弘法.jp」

近年広告などで日本語ドメインが使われています。

最近のニュースでは、トップレベルドメインの他言語化の導入を総務省が検討に入りました。
参考記事:IT media News


いわゆる「.日本」などが導入されれば、愛知県.日本などのURLもできるわけで、日本人に取ってはわかりやすいです。

さて、日本語ドメインの普及はどんな状況かと言いますと、ブラウザにより対応していないなどもあり提案側のWEB制作会社からすると日本語ドメインをメインに運営するのは、お勧めできないのが現状です。


しかし、プロモーションなどで英数字のURIよりも日本語ドメインを使った方が、覚えてもらいやすかったり目にとまりやすい事があります。

例えば、知多半島の知多四国直伝弘法八十八カ所巡りをアピールしたい時に、新聞広告や電車の中吊りや街角ビジョンやCMで、日本語ドメインと英数字ドメインではどちらが覚えやすいでしょうか?

直伝弘法.jp(Punyコードリンク)
直伝弘法.jp(日本語リンク)
jikiden-koubou.jp

サイトのイメージによりますが、この場合八十八カ所巡りということで、イメージ的にも日本語の方がピンとくると思います。

この場合、日本語ドメインをキャンペーンに使いメインサイトは英数字のドメインで運営しています。


このように、ドメインを使い分けたプロモーションもサイトによっては効果的だと思います。
しかし、先ほども言いましたように一部の環境では日本語ドメインをアドレスバーに入力しても対応していない場合があります。


ちなみに、11月22日の名古屋市民版と知多版の中日新聞でいい夫婦という企画広告に直伝弘法の記事が載ります。


直伝弘法.jp

直伝弘法.jpにアクセスするとキャンペーンページに飛びます。

日本語ドメインを使ったプロモーションをしたい方はお気軽にご連絡ください。
有限会社メディアマガジンの日本語ドメインでアクセスアップ作戦で遂行いたします。

日本語.jp
日本語.jp

ちなみに、日本語ドメインをウェブサイトでリンクしようとする時には、Punyコードに変換してリンクをします。
日本語のままでもリンクされるブラウザもありますが、念のため。

ちなみに今回の例では、

日本語ドメイン
直伝弘法.jp

Punyコードに変換すると
xn--9oq820bqlkb0j.jp

となります。


あと、日本語ドメインを運営できるホスティング会社も選定する必要が有りますね。

有限会社メディアマガジンでは、最適なサーバーの提案やプロモーションの観点からドメインの提案もしております。
お気軽にご相談ください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright ©2002 CHITAINSATSU CO.,LTD All rights reserved.